借金で見失う“自分自身”

コラム記事です。

20歳にして借金1000万円を背負って気づいたこと 変なプライドがあるほど泥沼にハマる

借金1000万の世界から学んだこととは? 「夢」や「目標」と聞くと前向きで煌びやかなイメージがありますが、その夢や目標を失った時の怖さは経験してみないとわからないものです。目標を失った人はときに暴走する。僕の場合"借金"という方向に暴走した過去があります。 弱冠20歳そこそこで借金1000万円を背負った。しかも高価なものを買ったとか、海外に留学したとかではなく、ギャンブルと遊びが原因です。20歳にとって借金1000万円は果てしなく終わりの見えない暗いトンネルの中にいるようでした。(文:ちばつかさ) 幸せそうな人を見て「死ねばいいのに」と思う日々 もともと僕はプロ野球選手という目標があり、自分の実力にも自信があったので、都立高校出身ではあったものの勉強で野球の強豪大学に進学。そこで目の当たりにした厳しい野球環境に挫折しました。 だんだんと野球が嫌いになり、怠け癖がつき、大学にも練習にもいかなくなり始めた時にギャンブルに出会いました。パチンコやスロットにハマりお金がなくなり始めると学生ローンでお金を借りる。遊ぶお金欲しさにまた借りる。お金を返すためにバイトをして返すけどまた借りる。気づけばあっという間に1000万近くの借金を抱えていました。 借金を背負い始めると毎日お金のことを考えるようになります。「明日の返済はどうしよう」「どこか貸してくれるところはないか?」と。働いても働いてもお金が追いつかず、働いても足りないからギャンブルでなんとかしようとする。負けることのほうが多いから結局また借りて負債が増える。その繰り返しです。 当然、精神状態は普通じゃありません。「返せないとどうなるんだろう?」「取り立てに来るかもしれない」(実際には違法な借り入れをしていなければ取り立てにはきません)と震える日々。そんな状態の時どうするかというと、まず他人のせいにします 自分が悪いのに「こうなったのは親のせいだ」とか「周りが悪い」ととにかく他人のせいにする。すれ違う幸せそうな人をみて「死ねばいいのに」と本気で思うようにもなりました。恐らく罪を犯す時の心理ってこれに近いのかもしれません。

キャリコネニュース

ちばつかさ こころとからだの中身から

元プロ野球選手の柔道整復師 こころとからだのコーディネーター ちばつかさのWEBサイト

0コメント

  • 1000 / 1000