4人目。計算された成功法則。“百獣の王”武井壮

行動する。ただそれだけではダメだ。能力を限りなく高め、スタートできるまでに仕上がってから走り出す。陸上競技では当たり前のことを人生においても実践しているのかもしれない。きっと彼の中に存在するシナプスは、彼の十分なコントロール下に置かれ、わからない、誰も知らない未来を知っているかのように未来を作り出す。わからない未来だからこそ綿密に計算し、行動し、努力し続けて未来を作っているに違いない。

わかっていたかのような未来を生きるためには、わかってるはずのやるべきことをただただやるだけ。

そんなことを実体験として伝えてくれる。

彼が放つ1つ1つの言葉には、行動や結果から裏付けされた妙な説得力があるんだ。

目的地に到達するための一番の近道は努力し続けることしかない。それを教えてくれるのが

“百獣の王” 武井壮だ。
偶然。人の生き方は偶然から始まる。偶然そこに生まれ、偶然その人生を歩む。それでも、まるで必然的に作られた物語のような人生を送る人がいるのは、目的地の設定とそれに向けた絶え間ぬ努力の結果なのかもしれない。

人生は自分で作っていける。

彼は偶然両親がいなくなった。兄弟で住むことになり、兄は俳優を目指した。10種競技の日本チャンピオン。素人ながらのゴルフ留学。そして芸能界デビュー。兄のガン。そして死別。

すべての出来事は偶然なのだけれど、今、こうして活躍するというのはその偶然を必然とみれるような思考と行動を繰り返してきたからなんだと思う。


俺は芸能界で世界一を目指してるから。
ハリウッドスターを。
みな笑うだろ?
俺は本気だから。
世界中どこいっても
「Hey!Mr.たけい!」って言われるような
男になりたいと思ってる。
2年前そう思ってた。
日本中どの街を歩いていても
「あっ!武井さんだ!」って言われて
全員に挨拶してまわるような
男になりたいって言ってたの。
2年たったいまちょっとそうなれた。
だから全然夢じゃないのよ
笑い話でもなくて
本当にそう思ってるから。
でも
本気で目指した人しか叶わないから

5年前、学生を前に語っていた彼は本気だった。本気で目指したものを手に入れてきたからこそまた手に入れに行く。

人生は一度しかないから。

どれくらいの人が本気で人生を生きているのだろう?

僕がくじけそうになった時、いつも武井壮さんの生き方が励みになる。

僕も本気で1人でも多くの人を幸せにしたい。心と体をコーディネートしていきたい。
文章できっかけを作りたい。

世界を平和にしたい。
言ったことが1つずつ実現していってる中で負けそうな時、僕が武井さんから勇気をもらうように、僕もまた誰かを勇気づけられたら。

そのためには目的地に到達するために、いまできることをコツコツと笑われてもやること。それを百獣の王に学んだことなんだ。

ちばつかさ 心と体の中身から

元プロ野球選手の柔道整復師 心と体のコーディネーター ちばつかさのWEBサイト

0コメント

  • 1000 / 1000