自分が「美味しくないよ」っていうものを誰が食べるのさ?

「自分自身のこと嫌いなんです」っていう人はたくさんいると思うんです。
婚活してる女性や男性でも「自分に自信がありません」って人がけっこういる。

でもそれって自分で作った料理を相手に差し出す前に「不味いですよ。これ、めっちゃ不味いです。だって自信ないですからね」って言ってるようなものです。

そんな不味くて自信ない料理誰が食べるんですか??

でもそうやって人って「そんなことないよー、美味しいよー」って言ってくれる白馬の王子さまとかお姫様を待ってるんです。

僕も「めんどくさいよ」っていう僕を温かく包んでくっちゃべってくれる人を待ってるんだけど現れない笑

まぁ自信ないのは当たり前。
だって、料理しないんだもん。しなけりゃそりゃ料理だってうまくはならんよね。
料理しないで「自信ないですぅ〜」ってそりゃ当たり前やね。

多少不味くたっていい。むしろ、完璧じゃない以上美味しすぎる料理なんかなかなかできない。でも

「美味しくないかもだけど一生懸命作ったから〜」って人の料理だったらなんか多少の不味さなんてどうでもよくなるかも。

モテる人は相手に合わせて味付け変えることができる料理人みたいなもの。
自信があるからお店も出すんだね。

でも自信がありすぎてナルシストになると人は敬遠する。謙虚な自信とか隠された自信が魅力に変わる。粋の世界やね。

なーんにもしなきゃ自信もクソもヘッタクレもない。

まずは台所に立つところから。
最初は料理本見ながらだっていい。
ちょっとくらいキュウリの大きさがバラついててもいい。

人はそうやって自分の腕を磨いている人に魅了される。ヘタクソでも不器用でも前向いてる人に魅了される。

自分をどう料理しているのか?

美味しくしようとすればするほど、人はそこに集まるんじゃないかな?って思うのです。

ちばつかさ 心と体の中身から

元プロ野球選手の柔道整復師 心と体のコーディネーター ちばつかさのWEBサイト

0コメント

  • 1000 / 1000