大人になるということ。

人は見た目が9割!なんて言うけど、その見てる人がどんな目をしているのか?ってほうが重要な気がするのです。

見てる人が曲がってれば見るものも曲がって見えるし、見てる人がまっすぐなら見るものもまっすぐ見える。

仕事がらほぼ先入観を持たないんだけど、“自分が相手をどう受け止めているのか?”で今の自分の状態がわかるもの。

大きく受け止められるのか?
さらっと流せるのか?
いちいちイラついちゃうのか?
笑い飛ばせるのか???

せっかく歳をとっていくのだから、器はどんどん大きくなって、受け皿はどんどん広くして、いろんなことを受け止めながらいろんなものを感じたい。

いろんな場所から、いろんな視点で、多角的にものごとを見ていきたい。

そうすることで、付き合う人なんかもどんどん変わってきたなぁ。
見る世界も変わってきたなぁなんて物思いにふけった朝。

今日も外は激アツです。

ちばつかさ 心と体の中身から

元プロ野球選手の柔道整復師 心と体のコーディネーター ちばつかさのWEBサイト

0コメント

  • 1000 / 1000