3年間の実験“投げ銭制“を終了致します!投げ銭制から投げ銭導入へ。3年間の実験結果と今後の方針。

3年前、僕は投げ銭制の導入を宣言しました。
「感じて頂いた価値を1円以上いくらでも」というキャッチコピーで始めた投げ銭も、紆余曲折ありながら丸3年を迎えました。

「うまくいくわけない」
「支払い時に悩む」
「料金設定は絶対したほうがいい」

そんな叱咤激励を受けながら3年もやってこれたのは支えてくれた方々のおかげでもあり、やろうと決めた僕の根拠なき勇気でもあります。自分で自分を褒めてやろう。

さて、丸3年。
いったい何が起きたでしょうか?

その答えが僕の実験結果でもあり、成長した結果であり、これからの糧なのです。これから投げ銭をする人のためにもシェアしたいと思います。

まずはその前に改めて
なぜ、投げ銭を始めたのか?その理由
投げ銭を始めた理由は大きく3つあります。

①施術の価値は人によって違う
例えば、明日までに治したい人の腰痛治療とメンテナンスのための腰痛治療では価値が違うので金額が変わるのでは?という仮説

②価格に上限があるとそれまでの力しか出さない。また上限がなければ価値が上がり続ける可能性がある
価格が決まっているとそれしか力を出さないし、また決まっていないからいつか価値も上がるのでは?という仮説

③リラクゼーションやカウンセリングを経済厳しい方にも受けてほしかった
借金がある、働けない、いろんな理由でお金がない人にも施術を届けられるのでは?という仮説

この3つ。

3年間で僕に着いた価値は最大2時間で10万円です。
そしてどうしてもお金が払えないという方は300円で施術をしたこともありました。(のちにお金がある時に3000円を持って受けに来てくれました)

そして僕の時間評価額は、始めた当初5000円前後だったのが2万円になったのです。金額設定なしだからわかったのがこの変化。

さて、そんな評価の上昇の裏でどんなことが起きたのでしょうか?

1.人は損失回避をしたい心理がある

ダニエルカーネマンのプロスペクト理論を目の前で体感しました。つまり、金額が決まっていてそれ以上の価値を感じた時人は心地よさを感じるけど、金額が決まっていなければお財布から出る損失ばかりに心理学奪われてしまい心地よさを失うのです。

「いくらでもいいよ」とおいしい話にみえるけど、損失に気を取られてしまうのです。

2.人は正しく価値判断できない

なんと、自分自身含めて正しく価値を判断できる人が少なかったのです。そりゃそうだ、普段からそのようにしていないんだから。会社経営者、自営業者など、普段から自分で決断す人は判断がとにかく早いのに比べて、そうではない人は決められないのです。

3.いつの日からか僕自身がやる気がなくなった

その現実を目のあたりにしたことで「上限がないからこそ頑張れる」という仮説は、人間相手では通用しないことを知りました。例えば自分の中で「2万円以上の仕事をした」と思っても出された金額が500円だったりすると、めちゃめちゃ損失した気分になるのです。

おそらく、こんな心理を経験できることはなかなかありません。

4.支払いに対する行動でその人の心理がわかった

支払いって一見簡単そうにみえてめちゃめちゃ難しいです。そしていろんな心理やその人となりがめちゃめちゃ出る。3年間でかなり研究ができました。稼げる人か稼げない人か?、友達が集まる人か群がる人か?、仕事ができる人かできない人か?などたくさんの傾向を得ることができました。研究に付き合ってくださりありがとうございます。

5.そして、自分の価値と価値を上げるための術を知った

「自由は不自由である」どっかのセリフであったけど、空白に価値を見出していくことは難しいことがわかりました。決まりがないと人の方向性が逆に定まらず不自由になるのです。

価値をあげるのならば、少しだけストレスになるくらいの不自由さの中に身を置くことが大事。
自分の中のミニマムからマキシマムの範囲の中で、マキシマムな選択、マキシマムから少し飛び出た範囲を目指していくと世界が広がっていく。

簡単で楽な場所にいれば成長は見込めません。負担がかかる場所で変えながら進むことを改めて学んだのです。

ということで、3年間の投げ銭研究で得たものはここに書いただけでは収まりきらないほどのものです。そして今後僕の施術とカウンセリングは

初回¥18000 2回目以降¥13000になります。
(税別)
ただし、どうしても苦しくて施術やカウンセリングを受けたいけどお金がないという方は必ずお気軽にご相談ください。

投げ銭で対応させて頂きます。
「助けてほしい」という勇気をお待ちしています。

3年間、いろんなことがあったー。売り上げ予測が立てられないから請求書にはぁはぁしたぁ。

さて、新しい明日の始まりです。
研究を応援してくれたサポーターの皆様、本当にありがとうございました!

ちばつかさ こころとからだの中身から

元プロ野球選手の柔道整復師 こころとからだのコーディネーター ちばつかさのWEBサイト

0コメント

  • 1000 / 1000